skip to Main Content

去る5月27日(水)、セイコーエプソン株式会社主催にて、

「社会課題×新たな事業創出」

の第1回イベント(全3回予定)として、教育・学習支援に関するオープンイノベーションイベントをWeWorkご協力のもとオンラインで開催いたしました!

本イベントでは、新型コロナウイルスの感染拡大により顕著化したオンライン学習を中心とした学習領域の課題について、ライフイズテック株式会社 取締役 讃井 康智様、株式会社idea spot 代表取締役 竹山 隼矢様のお二方をゲストにお招きし、パネルディスカッションを実施しました。

イベントには現役の高校生の方や教育関係で働かれている社会人の方など、約70名の方にご参加いただき、大いに盛り上がりを見せました!


イベントプログラムと当日の様子

18:30-18:40 オープニング

セイコーエプソン株式会社 執行役員 吉田 潤吉様より、社内におけるオープンイノベーションの取り組みやCVC(Epson X Investment)の設立についてご紹介がなされ、イベントがスタートとなりました!

18:40-18:50 Input講義(教育業界の課題について)

株式会社日本総合研究所 シニアマネージャー 大森 充様より、パネルディスカッションの前段として、新型コロナウイルスの感染拡大により顕在化した教育業界の課題を解説いただきました。また特に以下3つの教育課題が顕在化しているというお話をいただきました。

  • オンライン教育インフラの未整備
  • 自律学習の困難さ
  • 広がる教育格差

18:50-19:20 パネルディスカッション

ライフイズテック 讃井様、idea spot 竹山様の2名のゲストに、セイコーエプソン株式会社 DX戦略推進部で教育分野を担当されている原 基彰様を加え、パネルディスカッションが行われました。

教育は完全にデジタル化すべきか?学習者にとって最高のLX(Learning Experience)とは?といった熱い議論が交わされました!

19:20-19:30 エンディング

セイコーエプソン株式会社 DX戦略推進部 小原 秋寿様より、教育領域の課題解決における多面的な意見の必要性について話され、イベントが終了いたしました。

参加された方々からは、

「大人たちが手を取り合い、子どもたちの未来を作ることの重要性に気づかされました」

「プリンターの活用に可能性を感じた」

など教育分野における新たな気づきを得たというコメントが多数よせられ、大変好評なイベントとなりました。


次回開催概要

本イベント「社会課題×新たな事業創出」は全3回にて実施され、次回テーマは

「リモートワーク編」

となります!

開催日程:6/24(水)18:00~19:20

参加ゲスト
株式会社スペースマーケットCOO 井上 真吾様
株式会社ヒトカラメディア 代表取締役 高井 淳一郎様

詳しくはこちらのイベントページをご覧ください!

セイコーエプソン株式会社では、3月に設立されたCVC「Epson X Investment」を皮切りに、様々な分野の社会課題解決に向けたオープンイノベーションの取り組みを今後も推進していくそうです!

セイコーエプソン株式会社の取り組みに共感し、一緒にイノベーションを起こしたい方のご協力をぜひお待ちしています!

ご興味のある方は以下よりご確認ください。

Epson Open Innovation page

本件に関する問い合わせ先

また、2019年11月に実施されましたセイコーエプソン株式会社主催のハッカソン・Epson Hack Trekの第二回の開催が現在検討中です!第一回の様子については以下よりご覧いただけます!

エプソン主催ハッカソン「Epson Hack Trek」開催!!

【Epson Hack Trek】栄えある入賞3チームを直撃インタビュー!


いかがでしたでしょうか。

RouteX Inc.では、スタートアップエコシステムに関する情報の非対称性をなくす活動として、大企業の方々との連携するための様々なプログラムを用意しております。

RouteX Inc.との協業やパートナーシップにご興味のある皆様はお気軽にお問い合わせください。

Back To Top