skip to Main Content

アメリカ西海岸のシリコンバレーに追随するスタートアップ先進都市は、世界中にいくつもあります。
今回は世界中にあるスタートアップのエコシステムを形成している都市の中でも特徴的な、

インド版シリコンバレーとして名高いバンガロールを実際に訪問し調査を行ってきました!
以下に現地の様子をご紹介します!

 Image Credit:pxhere

まず、バンガロールはインド南部カルナータカ州の州都であり、国内で最もハイテク企業やスタートアップの多い都市です。インドの初代首相ジャワ―ハルラール・ネルーは、バンガロールを「インドの未来」と呼び、開発が進められた結果、ここに研究機関や工科大学が集中するようになりました。

インドには、TCS(タタ・コンサルティング・サービス)・Infosys・ウィプロという3社のソフトウェア大手企業があります。

Infosysの本社はバンガロールにあり、テックシティという地区にひときわ目立つビルを建てています!  Infosysのビルが現代的な雰囲気なのに対して、その周辺は一転して荒地のようで、高賃金のハイテク労働者とそうではない建設業従事者の貧富の差がはっきりとしていて衝撃的でした。

また、バンガロールには大手IT企業やスタートアップ、研究開発施設が集中しており、人の密度もすごく高いのが印象的です。移動手段には、Uberが非常に便利で、その他にはリキシャ(カンボジアやタイの「トゥクトゥク」のようなもの」)やバイクなどがあります。

(バンガロールの中心地MGロード、ここを中心として様々な店舗が並んでいる。)

また、野生の犬や牛も多く、車と衝突しそうになっていました。

インドでは牛は神の化身と考えられていますが、想像と違って道の邪魔になっていたり、市場の野菜を食べようとすると棒で叩かれていたりするのには驚きました。

インド人も神の化身だからといって、やる時はやる!!といった感じでしょうか。

Uberでは車だけでなくリキシャを呼ぶこともできます。Uberのアプリではない場合、相場以上の値段を提示されますし、その都度交渉する手間もかかるので、やはり、Uberのアプリを使えるようにしておくことが大事です。(ただし、アプリのダウンロード後に、電話番号の認証と支払い方法を登録しておかないと現地で使えません。注意してください!)

 また、インドにはOlaと呼ばれるインド版Uberと言える配車アプリも存在しています。

OlaはUberよりも呼べる車種が豊富でバイクや、リキシャ以外にもセダン等も指定して呼ぶことが出来ます。また、Ola専用の車も走っている事から見つけやすく利用しやすくなっています。地域によっては、Uberが走っていなくOlaのみの地域もあるので、ぜひインドに行かれる際はこちらのOlaもインストールしておいた方がいいかもしれません!!

また、スタートアップが働く環境を提供するOne.Co.Workというコワーキングスペースも訪問しました!ここは仕事場所というだけでなく、イベント会場にも使われています!

ここでお会いしたネルソン氏(Facebook Developer Circle Bangalore代表)へのヒアリングでは、「バンガロールでは、インド国内のアッパークラスのエリートがスタートアップで働く」ということなど、バンガロールのスタートアップにおける人材の流動性のお話をお聞きしました!

Fame Technologiesというスタートアップの社員の方やHASURAというスタートアップのエンジニアの方には、自身のキャリア観についてお聞きし、①スタートアップで豊富な経験ができること

②スタートアップで働いた後に大企業に入ることが充分可能であること

③様々なバックグラウンドの人に会えることが重視されていることが分かりました!

スタートアップで働いた後にも、大企業に入社出来ることや、自身の起業に向けてスキルアップ出来る事からスタートアップのエコシステムが作られ、インド国内の最も優秀な層がスタートアップに関わるという構図になっているようです!
シリコンバレーでも一番優秀な人達は起業をしていくと言われている事からも、インドでもスタートアップ関連において同じ事が起こっているのかもしれませんね!!

また、One.Co.Workにおいて、Tech In ASIAというプログラムに関連するイベントにも参加しました。ブロックチェーンに関するスタートアップの方々が5分間ピッチを行っています!

日本ではまだまだブロックチェーン関連のスタートアップやエンジニアは少ないですが、

バンガロールではAI、VR/AR,ブロックチェーン等の最先端のワードが普通に使われ、それに関する技術的、知識的意見交換も活発に行われています。

スタートアップのエコシステムが形成されている都市のスタートアップの方々の共通点としてネットワーキングによる人的なネットワーク構築が非常に上手な方が多い印象ですが、ここインドのバンガロールでも、やはりスタートアップ関連の人はみなさんコミュニケーションをうまく取り、自身のネットワークを広げている方が多かったです!

こちらはなかなかイメージのつきにくい、バンガロールを空撮した動画になります!
広大な土地に高層ビル等が次々に建設されている様子が良く分かります!!

Back To Top