skip to Main Content

2019 11/16 -17
世界的プリンター企業
エプソン主催ハッカソン

Epson Hack Trek

運営リードをRouteX Inc.が務めさせていただきました!
イベントLPは
こちらからご確認いただけます

エプソン独自のAPIを使用し、プリンターやスキャナを用いたソリューションを考えるという課題のもと、休日にもかかわらず約50名のエンジニア・プランナーの方にお越しいただきました!
参加していただいた皆様、ご参加いただき誠にありがとうございました!!

24時間に渡り繰り広げられた白熱のハッカソンの様子をお伝えします!

目次

1. Epson Hack Trek概要

2. イベントレポート

3. Epson Hack Trek賞受賞チーム紹介

4. まとめ


1. Epson Hack Trek概要

今回のEpson Hack Trekは、エプソンのWeb API

「Epson Connect API」

を用いて
「プリンターを利用したアイデアを具現化する」
というテーマの元、開催されました!

Epson Connect APIは、「Epson Connect」というクラウドサービスに接続しているプリンターやスキャナーに対して、インターネット経由で印刷処理を制御・実行する機能を提供します。

また、ユーザーから離れた場所に設置されているプリンターに対して、手持ちのファイルを印刷させることも可能です!

Epson Connect APIには
以下のような利点があります。

– 専用回線を用意せずとも、プリンターをFAXのように利用することができる

– Epson Connectにアップロードしたファイルは印刷後に消去されるため、ユーザーのプライバシーを保護できる

– 多くのクラウドサービスとの連携が容易にできる

また、今回のハッカソンの豪華Prizeは、、

・最優秀賞10万円
・優秀賞5万円
・特別賞:エプソンDX賞
プリンター1台 + エプソン チームラボ ボーダレス チケット チーム人数分ペア

というエプソンさんならではのPrizeを設定していただきました!!

                           
Image Credit: TeamLab Borderless

では、当日の様子を以下レポートさせていただきます!

2. イベントレポート

​​今回会場となったのは、銀座にある
日本最大のブロックチェーンビジネスハブのBinarystarです!

銀座らしい清潔感と高級感のあるスペースにて、熱戦が繰り広げられました!!

                                     Image Credit:Binarystar
                                     Image Credit:Binarystar

エントランスには、Epson Hack Trekの文字とイラストが刻まれた光るバナーが登場です!

このバナー、実はエプソンのプリンターで印刷されたものなんです!!
発色が非常に美しく、エプソンの技術が結集されていますね!

このバナーを見ていよいよハッカソンが始まるぞ!
と気持ちを引き締めた方もいたのではないでしょうか?

また、設置された各テーブルにはエプソンのプリンターが並んでいます!

その数10台以上!!作成したプロダクトをプロト段階から試すことのできる環境をご用意していただきました!!

休日の朝にもかかわらず、多くのエンジニア・プランナーの方に集まっていただきました!開始前からすでに熱気に包まれていますね!

オープニングでは、セイコーエプソン株式会社 吉田 潤吉様より、今回のハッカソン「Epson Hack Trek」に込められた想いを語っていただきました!

エプソンの本社がある長野県のアルプスの山々のような頂へと登山(Trek)し、頂上からの良い眺めを観よう!!

という力強いご挨拶をいただき、ハッカソンの空気が一段と引き締まりました!

そしてRouteX Inc. 代表の大森からハッカソンのルールを説明させていただき、カウントダウン後に2日間に渡るEpson Hack Trekの火蓋が切られました!!

作業の合間でもカメラを向けると笑顔を作ってくださいました!!

作業スペースの後ろでは、白いロゴシャツを着た運営メンバーの方々による、Epson Connect APIを使ったプロダクトを紹介するブースも設置されました!!

プリンター台数にして約5台ほどのデモ機です!プリンターはPCと接続し、PCからの指示で書面を印刷するのが従来の使い方です。しかし、Epson Connect APIを用いると、様々な外部機器と接続することができ、従来の枠を超えた使い方ができるのです!!!

中でも、ツイッターで

#EpsonPrint

とツイートすると設置されたプリンターから写真が出てくるプロダクトは、参加者の方もこぞってトライしていました!!

ハッカソンのようなイベント時なんかにお土産として写真をもらえるとすごく嬉しいですよね!

また、参加者の皆さんには、今回のハッカソンのハッシュタグ
#EpsonHackTrek
をつけたツイートも多く投稿していただきました!
さらに!エプソンからはHack Trek オリジナルステッカーの配布もありました!

夕食は立食形式とさせていただきました!

ハッカソン中はライバルとしてしのぎを削る一方、夕食中は立ち話をしながら交流を深めることができたのではないでしょうか。

夕食も束の間、皆さんすぐに作業に取りかかられます!2日間とはいえ作業時間は限られており、無駄な時間を削りつつ、いかに効率よくアウトプットできるかが勝負の鍵になってきます。

こちらは日が明けて午前1時半頃の写真です。

多数の人が帰る中、約10名の方は徹夜での作業を続けます!!

こちらは朝6時!寝る間も惜しんだ努力がどのようにプロダクトに昇華するのか。だんだんと終わりが見えてきました!

朝食後は、今回共に運営サポートをしてくださったVLEAPさん主催で、VR体験会が行われました!!
朝の準備運動としてもVRは活躍してくれました!

そして、長いHackが終わり
ピッチに向けてみなさん最終確認を行っています。
審査員席前にはずらっとプリンターが並べられています。

参加者、そしてエプソンさんの社員の方々
運営メンバー全員拍手で2日間の労をねぎらいました!!

今回以下の15チームがエントリーしました!

  1. Team8
  2. リモート学習装置
  3. みんなの賞状
  4. 1Q89
  5. エプ即FAX
  6. 感情推定 紙と自治体と最新技術をマッチング
  7. 簡単!タッチ操作するだけ「フォトロボ印刷アーティスト」
  8. EAGLYS_EPSON_PROJECTS
  9. LifeGame
  10. 最近、漢字かけていますか?
  11. 紙々のあそび選考
  12. Recipeedy
  13. マイプレイブック
  14. SmartPrint
  15. Papercast

各チームでプロダクトやアイデアの色が出て非常に白熱したピッチ大会となりました!

チームによっては、プリンターを使うとこんなに面白いアイデアがあるのか!!とエプソンの社員さんや審査員の方々から驚嘆の声が漏れる場面もありました!!

プリンター1つとっても様々な活用方法があるということを参加者の方々から教えていただき、アイデアの重要性に気づかされる貴重な時間を過ごすことができました!

では今回Epson Hack Trekで賞を受賞したのはどのようなチームだったのでしょうか!?

3. Epson Hack Trek賞
受賞チーム紹介・まとめ

今回受賞されたチームを紹介する前に、惜しくも賞には届かなかったものの、会場を盛り上げてくれた、RouteX独自選定の2チームをPick!

まず、先頭バッターで空気感が難しい中見事なピッチを見せてくれた、Team8!

トイレットペーパーをマイクに巻いての登場です!

居酒屋やレストランの会話を切り取り、トイレの個室に入った時に会話中の名言(迷言)や口癖をトイレットペーパーに印刷してくれるプロダクトを紹介していただきました!

次に紹介するのは、「Webプリンタが繋ぐ令和の恋文」のキャッチフレーズでデモ前から会場が異様な雰囲気に包まれた、1Q89!

プリンターを介した交換日記形式で好きな人とお互いの想いを確かめ合うという、なんともロマンチックなプロダクト!実は1989(1Q89)年生まれの参加者が、共に1989年生まれ、テイラー・スイフトと繋がることがモチベーションとなっているそうです!!

では、いよいよ今回名誉ある3Prizeを受賞したチームを紹介してまいります!!

各賞の授与は、
セイコーエプソン株式会社
取締役執行役員 経営企画本部長 兼 DX推進本部長 髙畑 俊哉様
よりいただきました!

まず、エプソン独自の視点で決める「エプソンDX賞」!!

マイプレイブック!!

の皆さんです!

親子が一緒に行う教育用のコンテンツを作成してくださいました!教育の新しい形が近年注目を集める中で、一石を投じる見事なプロダクトでした!

マイプレイブックの皆さんには、
プリンター1台 + エプソン チームラボ ボーダレス チケット チーム人数分ペア
が手渡されました!

是非いただいたプリンターで引き続き開発してみてください!!

続いて、栄えある「優秀賞」は!!

Papercast!!

の皆さんです!!

一般ユーザーが自由に画像コンテンツを公開し、利用ユーザーが月額制で購入できるサブスクリプションのサービスです!
ハッカソンには珍しい全員が女性のチームで、女性ならではの目線が遺憾無く発揮されたのではないでしょうか!?

Papercastの皆さんには、賞金5万円が贈呈されます!!おめでとうございます!!

そしてそして!!今回最も優れたアイデアとプロダクト、ピッチをおこなったチームに送られる「最優秀賞」は!!

LifeGame!!!

の皆さんでした!!!

Life game = 人生ゲームという名前にもあるように、自分の半生から人生ゲームを創り出し、プリンターで紙媒体におこすことで遊ぶことができるコンテンツです!

心理テストとしても使えますし、個人的にも遊んでみたいなと思ってしまう、そんな素晴らしいプロダクトでした!!

LifeGameの皆さんには、どどんと賞金10万円が高畑様より手渡されました!!

本当におめでとうございます!!

最後に閉会の挨拶として
髙畑様より今回のハッカソンの総評をいただきました!

戦いも終わり、最後は全員で記念撮影を!

もちろんこのポーズは、、、
Epson Hack TrekのTポーズです!!

4. まとめ

Epson Hack Trekの様子はいかがでしたでしょうか??

プリンターというどの家庭にもある身近な電気製品から、教育からエンターテインメントまで様々なコンテンツが生まれました!

まさにハッカソンの無限の可能性を感じることのできた、非常に素晴らしいイベントとなりました!休日にもかかわらず参加してくださった皆さん、ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!!

RouteX Inc.では、今回のイベントのようにオープンイノベーションに関するイベント・ハッカソンや、コンサルティングを手掛けています!!

様々な形でクライアントの方々のお役に立てるよう、提案から実行までご協力させていただけますので、お気軽にお問い合わせの方からご連絡ください!

お問い合わせはこちらから

Back To Top