skip to Main Content

ロシアのVC主催
PULSAR ACCELERATION PROGRAMに審査員として参加

2020年4月13日〜14日にかけてロシアのVC Pulsar Venture Capital主催のアクセラレータープログラムのオンラインピッチイベントが開催され、弊社代表の大森が審査員として参加させていただきました。

当初こちらのイベントは4月にロシアのカザンで開催予定だったRussian Venture Forum内のコンテンツであり、弊社大森も現地にて参加する予定でした。しかし、昨今のコロナウイルスの影響を受けて、Russian Venture Forumも中止となり、今回はオンラインでの開催となりました。

14ヶ国 200以上のスタートアップから応募があった
PULSAR VENTURE CAPITAL ACCELERATION PROGRAMオンライン審査会の様子をお伝えします!

PULSAR VENTURE CAPITALとは?

Pulsar Venture Capitalとはロシアのカザンに拠点を置き、ロシアのスタートアップだけでなくアメリカやヨーロッパのスタートアップにも投資を行うVCです。また、ロシア語圏のマーケットも対象としておりCIS諸国のスタートアップに対するネットワークも多く持っています。実際にウクライナ、ベラルーシ、キルギス、カザフスタン等出身の日本では馴染みの無いスタートアップとのネットワークもある事からアメリカやヨーロッパ以外の地域でもスタートアップ・エコシステムの急速な発展が伺えます。

また、東京でもBootcampを開催する等、日本のスタートアップ・エコシステムに対しての強い関心も持っています。現在弊社RouteX Inc.でもPulsarとの連携を進めており、今回PULSAR ACCELERATION PROGRAMの審査員としての招待をいただきました。

イベント概要

今回のオンラインピッチイベントはPulsar Venture Capitalが毎年開催し、今回で5回目となるACCELERATION PROGRAMへの参加をかけたオンラインでの審査会です。

オンラインピッチイベントはPulsar Venture Capital代表のPavelさんの挨拶から始まり、事前選考を通過した50社のスタートアップが2日間に渡ってYouTubeのLive放送でピッチを行い(事前録画した物をLive配信)審査員が審査する流れです。

弊社大森はJAPANからの審査員として登録されています。

今回のACCELERATION PROGRAMのピッチ審査は世界中からオンラインで参加している審査員によって行われました。
ロシアからの審査員を中心とし、アメリカは500 Startupsの様な有名なアクセラレーターやアイルランド、イタリア、イスラエル、リトアニア、カザフスタン等世界中から参加されていました。世界中からそれぞれの知見を生かして審査を行えるのも、Live配信でのオンラインピッチイベントの強みかもしれません。

トラックの積荷の積載量をモニタリングするサービス
それぞれのスタートアップのピッチの間に審査時間が設けられています。

それぞれのピッチの間に審査時間が設けられています。2日間 6時間で50社を審査するのは審査員としてもかなり大変だった様に感じました。
審査項目は主に
スタートアップが解決しようとする課題は重要か?
マーケットを取れそうか?
競合との差別化要因は明確か?
模倣困難性はあるか?
海外でもスケールしそうか?
チームが適切か?

こういった審査項目はこれからスタートアップとしてピッチイベントへの出席を検討されている方の参考になるかもしれません!

また、今回は審査員が気になったスタートアップがあればメンターや投資検討のためにコンタクトが出来るオプションも用意されていました。

船荷運搬の効率化を目指すサービス
ハンターが狩猟可能な地域を分かりやすく示すサービス

今回のピッチイベントはレガシー領域をアプリ等のプロダクトで効率化して解決する物や専門領域に特化した研究開発を行うスタートアップが多く参加している印象があります。
それぞれのスタートアップのFounderが既存のマーケットが抱えている課題を説明し、どの様なアプローチで解決できる可能性があり、なぜ自分たちにできるのかを中心にピッチされていました。特に今回は資金調達を目的にしており、審査員にVCも多い事から調達したい金額と使用用途についても詳しく説明しているスタートアップも多かったです。

RouteX Inc.では毎年ロシアのスタートアップ・エコシステムの現地調査を行っており、首都モスクワ近郊に政府主導で開発が進むイノベーション都市スコルコボを中心としたスタートアップとの連携の強化に動いております。
また、今回のPulsarの様にカザンを中心としたロシアのスタートアップ・エコシステムの動きも活発になっている事から、今後はモスクワやスコルコボだけでなく、ロシアの他の都市へのリサーチへと活動も広げていく予定にしております。
これまでのロシアでの調査活動はこちらからご確認いただけます。

RouteX Inc.では引き続きスタートアップ・エコシステムにおける「情報の非対称性」を無くすため、世界中のスタートアップとの連携を進めてまいります。
RouteX Inc.との協業やパートナーシップにご興味のある皆様はお気軽にお問い合わせください。