skip to Main Content
1-800-987-654 admin@totalwptheme.com
Image Credit:medium.com

スタートアップが成長し生き残るためには、様々なリソース(資源)が必要になります。
一般的にはヒト・モノ・カネと表現されることが多いですが、人的な資源(スキル・ノウハウなど)と社会関係的な資源(人脈など)、経済的な資源(資金など)の3点が指摘されます。

これらを良質な形でスタートアップに提供する存在の1つがアクセラレーターです。
これは、「スタートアップを鍛えるブートキャンプのようなもの」と説明されることが多く、資金だけでなく、ノウハウや人脈までを豊富に提供してくれる組織です。似たようなものとしてインキュベーターという存在が挙げられますが、これは「スタートアップが自身を鍛えられるジムのようなもの」と説明でき区別されます。

世界中のアクセラレーターの中で、ひと際有名なのが、500Startupsです。2010年の結成以降、1億ドル(約110億円)以上の投資額、60ヵ国以上の規模で、アクセラレーションプログラムやスタートアップ支援を行ってきました。

アーリー期(スタートアップの初期段階)の投資を元々行ってきた500スタートアップスは、近年では日本でも活躍の場を広げており、神戸市とも提携しています。

Image Credit: 500 KOBE ACCELERATOR
Image Credit : u-note.me

日本でスタートアップの育成やそれによる地域の活性化が注目される中、500スタートアップスやその他にも有名なアクセラレーターが今後どのように活躍していくのでしょうか。
是非注目していきたいですね。

こちらは500Startupsの取り組みについて紹介している動画になります!

「500Startupsを訪問!」の記事はこちらからお読みください!

Back To Top